TalkableSession.の体験談

関東在住30代のAさんから、体験談を貰いました。

暴力と否定の中で育ち、自分が大嫌いで、常に緊張している。

嘘と裏切りが人生の前提で、とりつくろうのが得意で、息苦しい毎日でした。

娘が産まれて産後うつになり、優しい夫にキレて罵倒してしまうことがあり、その姿が私の父とそっくりで、もう心中するか親を殺すしかないなと思っていました。

そんな中、エモーションフリーと出会いました。セラピストさんや稲垣さんに施術してもらい、自分でも覚えて取り組んできました。

3年が経ち、変化は劇的で、親と同居しながら心穏やかに暮らせるようになりました。

ところが、仕事を辞めて家庭に入り、娘と過ごす時間が長くなったことで、体調を崩しました。

高熱が続いて動けなくなり、自己犠牲の海に溺れている感覚に再びなってしまったのです。

思いつくことや自分で気付くことはエモーションフリーなどしてきたので、原因が思い当たらず、もはやひとりでは打つ手が無い…。

それでもどうしてもラクになりたかったので、TalkableSession.を申し込みました。

自分を信頼して繋がることが出来たら、どんなに生きやすくなるだろうと期待しました。

稲垣さんに「愛がないから」と言われ、夫には毎日愛していると言っているし、愛の定義もわかっているつもりなのになーと実感がわかず。

でも実際に体調がよくないし、自分に向かって「ありがとう」といえば、「バカにしてんのか」と返されます。

  • ばかにされている
  • どうせ裏切られる
  • 取り繕われている
  • 愛されるほどに裏切ってしまう
  • 人も自分も信用できない
  • 自分をとことん痛めつけたい

こんな思いが自分の中にまだありました。各種パーソナリティ障害の特徴によく当てはまりました。10代の頃に自分がパーソナリティ障害に該当すると知ってはいましたが、治るものでもないし、諦めて付き合うしかないのだと記憶から遠ざけていたことを思い出しました。

セッションを受けて…

自分年表を見ながら進めていきますが、最終的に書いてあることが他人事のように感じられ、「なんか大変そうだなぁ、ひとりでわちゃわちゃしているなぁ」と傍観できました。そういうことかぁ~と納得がいきすぎて笑いがとまりません。

思い出すとうっとくる出来事にも、なぜか感謝の情がわいてきます。

胸が開いて呼吸し放題!

TalkableSession.で「やり方」を教えていただき、自分がぴたりと一致して、その心地よさを実感しました。

帰宅後、自宅はパーティのようでした。

いつもは父を無視してはねのけている母が、父のつまらないダジャレに爆笑したことに心底驚きました。

娘は「いいこちゃん」が抜けたようにはしゃいで踊り、皆で笑いました。

夫はいつも私の都合のよいように振る舞い、休みの日は娘のお世話にかかりきりでしたが、セッション翌日の土曜日は、「今日は寝る」と言って休んでいました。私は産後うつの頃から「私が苦しんでも夫は助けてくれない」という思い込みがあったので、以前なら腹が立っていたのですが、「休んでくれてよかった、娘と楽しもう」と普通に思えました。

母の家事の仕方にむかついたときも、TalkableSession.の「やり方」に戻ればどうでもよくなり、むしろ「いつもありがとう」と思えます。母に家事をしてもらうことに負い目がありましたが、ありがとうと思えれば返って任せられるようになり、また自分でもやるべきことがはかどるようになりました。

セッション前から夫には毎日「あいしてるよ」と言っていましたが、それが偽りの…都合がいいだけの関係だったと気付いたことで、セッション後は一瞬夫をまったく好きではなくなってしまい、焦りました。形だけの表面的な言葉ならいくらでも言えたけれど、それが偽りだったと知ってしまったので、言えなくなったのです。

でも一晩で取り戻せました。

夫が私にとって都合がよくなくても、何もしてくれなくても、いるだけでほっとする、愛しいという感情が生まれました。

娘は…赤ちゃんの頃の育児がつらすぎて、がんばらなきゃ、完璧にやらなきゃという思いが強かったので、エモーションフリーでそれが抜けてからもどこかギクシャクしていました。お世話をする=コントロール下におく。娘に対してたくさんリクエスト(※過剰な期待のこと)を送っていたのだと思います。自分が親に恨みをもっていたので、そうなるまいと気負っていました。セッション後はどうでもよくなりました。育児がつらい状況から、エモーションフリー後は子育てを楽しめるようになりましたが、TalkableSession.後に得たのは、「娘といるとほっとする」という感覚で、本当に驚きました。

たまにクセでモヤっとしたりしても、TalkableSession.の「やり方」に戻ればすべてがわかります。一致していれば必要ないし、私には私がついているのだから心配はない。自分を信用して繋がれているのかなと、徐々に体感していっています。

以前は、訪れる苦難に次々対処するのに忙しく、悩んで苦しむことだけが生き甲斐だったのだなと思います。そうじゃないということに気が付けてよかったです。今は生きていることが心から嬉しくて涙が出るし、感謝の気持ちが溢れます。いつも自分が一致していて心地よく、心が警告音を鳴らすこともありません。体調不良も治りました。

自分を信用しているので、やりたいことや新しいことに躊躇なく手を伸ばせるようになっています。

生きていてよかった、あの時諦めなくてよかった、そんな自分に、ありがとう。TalkableSession.はすごいです。

TalkableSession.の開発者からのコメント

TalkableSession.は、従来型のエモーションフリーのような身体の反応を変えるセラピーではありません。もちろん、身体に問題があればそこを変化させます。それは、あらゆる身体に刻まれた問題は、過去の時間帯に問題があります。そして、それを学習し繰り返しています。自分を愛さないことですら、過去に学習して繰り返しているだけです。

過去を見直してそこにある問題を見つけ、そこから、更に隙間にある構造を見ていきます。本来、心理セラピーは生まれた以降の問題を取り扱いますが、TalkableSession.は、もっと広い範囲を見ています。生まれる以前もその対象ですし、周囲の環境もそうです。通常の心理セラピストではアプローチできないところを、私が直接アプローチしています。何をされたかも分からない場合が多いですが、問題の根底の根底を打ち抜きます。

身体の感覚が変わり、記憶の意味が変わり、言動が変わっていきます。受け取り方が変わっていますので、この体験談のように世界の見え方が変わります。

世界の見え方が変わると生き方そのものが変わります。無意識レベルでの変化が起こります。

※受講される方の状態によって、すぐに結果が現れる方と、時間の掛かる方がいます。これはどんなセラピーでも同じです。素直さと真摯に問題に向き合う事が必要です。